新車販売増で中古車市場はどうなる!?

 

2012年2月24日に自動車メーカー各社から発表された新車販売は、好調そのものです。

 

トヨタ       130,608台(前年比 149.4%

ダイハツ    53,994台(前年比 127.6%

ホンダ       64,040台(前年比 166.5%

日産         52,997台(前年比 129.5%

三菱         12,097台(前年比 116.0%

スバル       14,673台(前年比 135.4%

ダイハツ    53,994台(前年比 127.9%

マツダ       17,483台(前年比 116.2%

スズキ       48,699台(前年比 110.6%

 

 

1月の国内販売台数(商用車含む)ですが、全メーカーが二桁以上の伸びです。

 

 

 

 

車を買おうという人が増えれば、
中古車市場も活性化されやすいと思いますが、
実際はどうでしょうか。

 

 

新車が売れれば、中古車市場に”商品”が流入してきます。

 

 

売るものが多いほど商売はしやすいので、この点はいいのでしょう。

 

 

しかし、今自動車を購入している人は、
自動車ディーラーのこんな甘いことばに誘われているのではないでしょうか。

 

 

「エコカー減税がもう終わりますよ」

 

 

「エコカー補助金もいつ終わるかわかりませんよ」

 

 

「燃費も抜群にいいですし、安く購入できる今が買い時ですよ!」

 

 

 

2月、3月は決算もあり、新車販売に各ディーラーは注力してきます。

 

中古車市場の動向がどうなるのか。

 

愛車の買取価格にも影響がでてくるかもしれません。

 

 

 

タグ

高く売れる人気色は「白」「黒」

 

愛車の買取交渉でお店を回り、クルマを買うなら「白」か「黒」がいい、ということがよくわかりました。

 

対応してくれた人たちが異口同音に言っていたことなので、おそらく間違いないでしょう。

 

 

 

「白」といっても安モンの色でなく、「パールホワイト」みたいな高級感のあるものです。

 

「黒」もラメが入ったような「メタリックブラック」みたいな見た目も高そうな塗装です。

 

色つきのクルマは好みもあり、中古車店での回転率も劣ります。

 

無難な白か黒であれば、手ばなれもいいので買値も高くなるのです。

 

 

 

メーカーで言えばトヨタ車が高いみたいですね。

 

個人的にトヨタのクルマを買ったことはありませんが、リセールバリュー(下取り・買取価格)は高いと評判です。

 

かなり以前、某I車の新車を買い、5年落ちで下取り査定してもらったことがありました。

 

新車時で120万円くらいしていたのですが、あるディーラーで「2万円です・・」と言われ、チョーショックを受けました。

 

結果的には別のディーラーで20万円で下取りしてもらったのですが、3年後、5年後を考えたクルマ選びの大切さを痛感しました。

 

それほど自動車に対して思い入れがないのであれば、トヨタ車の白か黒を買って、3年毎、5年毎に買い替えるのが効率的かもしれません。

 

 

 

 

逆に流行色や赤い自動車は避けた方がいいでしょうね。

 

フルモデルチェンジや新型車で出てくると、”イメージカラー”のクルマを全面的にPRします。

 

目新しいボディーカラーを見ると新鮮に映って、その色に決める人が多くなります。

 

何年か乗ってみると、その手の色は飽きがきやすいものです。

 

中古車市場でも”タマ”は多くなりますが、買いたいお客さんはそんなにいません。

 

需要と供給の関係で販売価格は安くなります。

 

必然的に買取価格も安くなってしまいます。

 

 

 

赤いクルマはなんといっても”色あせ”しやすいのが×です。

 

交通標識などを見てもそうですが、”赤”は退色しやすい色なのです。

 

屋外駐車はさらに劣化も進みやすいので、乗りつぶすつもりがないのであれば、避けたいボディカラーです。

 

 

 

買取りや下取り時のことを考えてクルマ選びをするのは嫌ですが、知識として知っておけば後悔しなくて済みます。

タグ

02 愛車売却大作戦・アナログでやるの?

 

 

昨年(2011年)12月、自動車を手放そうと決めました。

 

年間で3,000km程度しか走っておらず、何週間も乗らないこともありました。

 

住まいは駅の近くですし、交通の不便さもないので今の内に売ってしまおうと決断したのです。

 

 

 

 

車は一応、外車で独製のものです。

 

あと一年ほど車検も残っていたのですが、5年落ちになると価値も下がりそうな感じがしました。

 

また、エコカーブームなので、ハイオクガソリンの独車は今後需要も減っていきそうです。

 

売るなら今だなと、予感がしたのです。

 

 

 

 

今まで買い替えでクルマを手放していたので、”売る”だけはやったことがありませんでした。

 

そこで正月休みを利用して、あれこれ売却作戦を考えました。

 

まずは情報収集ということで、ネットで自動車を売る方法を調べました。

 

 

 

 

「中古車 買取 高値」、「車 売却 高額」、「買取価格 相場」などといろいろ検索です。

 

すると検索結果の上位に出てきたのは、「中古車買取業者」、「買取一括査定サイト」、「オークション代行」などでした。

 

検索結果以外にも広告でいろいろ表示されています。

 

 

 

「60秒で見積り」

 

「30秒で相場がわかる」

 

「すぐに買取価格をお知らせ」

 

みたいなバナーです。

 

 

 

愛車の情報入力で買取相場が出るのなら参考になります。

 

バナーをクリックして車種やら年式、グレード、オプション品、走行距離、車検などの情報を入力します。

 

入力完了のボタンをクリックすると相場がすぐに出てくる。

 

そう思い込んでいました。

 

 

 

ところが、次の画面になると住所やら氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力するフォームになったのです。

 

最初にこの画面が出てきたら、いっさい入力はしません。

 

車検証を取りにいったり手間がかかっていたので、”だまされた”感じがしました。

 

もちろん、画面はすぐに閉じました。

 

 

 

おそらく私と同じような気持ちになった人は多いでしょう。

 

どなたかのブログにも「買取一括査定」の経験談が載っていました。

 

数社の中古車買取業者を選んで送信したところ、すぐに次々と電話がかかってきたそうです。

 

 

 

送信データが各買取業者のもとへ送られるようで、先を急ぐように営業から連絡がくるのです。

 

中には専任のオペレーターさんが電話をしてくるようです。

 

選択した業者数だけ連絡がくるので、対応も大変だそうです。

 

 

 

そんな体験記を読むと、とても一括査定見積りのサービスを使う気にはなれませんでした。

 

しかたなく昔ながらの”アナログ作戦”で行こうと決断しました。

 

 

 

 03  中古車買取店さがしも大変

 

タグ

このページの先頭へ