06 羊頭狗肉?すっきりしない営業マンの対応

 

 

「12月は中古車相場も底でして、これから3月に向けてよくなっていくんですよ」

 

1店目の中古車買取店で聞いた言葉が頭をよぎりました。

 

”これから相場が上昇するなら、180万円は固いところだな”こんな勝手な想像をしていました。

 

 

 

2店目はC市にある買取店Yですが、ここでは販売もしていました。

 

ちょうど新春のイベントを開催中で、駐車場に入ると大勢で出迎えてくれました。

 

 

 

 

「買取の査定してもらえますか?」

 

 

「もちろんです。どうぞ店内へ!」

 

 

 

自動車の現物展示もしていて、営業マンが5、6人いる店舗でした。

 

実はこのお店には期待をしていました。

 

このお店のホームページに他の中古車買取店との違いが掲載されていたのです。

 

 

 

 

一般的な中古車買取店は買い取った車をカーオークションに出品します。

 

そこで落札された金額と買取価格の差額が粗利益になるのです。

 

車を運ぶ陸送費やオークションの費用などを差し引いて営業利益がでてきます。

 

オークションで落札するのは主に中古車販売店だそうで、当然ユーザーへ販売して利益がでる価格で買います。

 

ユーザーへの中古車販売価格から(買取店の利益+経費)と(販売店の利益+経費)が差し引かれた金額が”買取価格”になるのです。

 

 

 

 

しかし、Y店は自社で直接販売もしているので、(販売店の利益+経費)が不要になるから”高価買取”ができるというのです。

 

買取専門店より二割以上も高く買ってくれるというような内容です。

 

もちろん期待に胸を膨らませて、査定を待ちました。

 

 

 

いちまで待ってもなかなか査定金額がでてきません。

 

営業の方にはここが2店目であることと、1店目の買取店が180万くらいまではガンバッてくれそうということを伝えていました。

 

変なかけ引きはあまりしたくなかったので、ある程度正直に話をしていたのです。

 

何度も席を外していた営業の方が手に紙をもってきたのは40、50分経ったころです。

 

 

 

「あのー、お客さまと同じような車の落札情報を調べてもらっていたんですが」

 

 

 

おもむろにA4のコピー用紙を私の前に出してこられました。

 

 

「通常ですとこういったものをお見せしていないんですが・・・」

 

 

コピー用紙には160万ほどで落札された自動車の情報がプリントされていました。

 

私のと同じ車種で年式も同じですが、車検もなく走行距離も3倍以上、色も違うものです。

 

 

「本部でもいろいろ調べてもらってたんですが、厳しそうなんです」

 

 

「御社のホームページでの説明と大きく違いますね」

 

 

「えっ、ホームページですか?」

 

 

 

営業の方は全然知らない様子だったので、目の前に商談用のパソコンを使って説明させてもらいました。

 

うたい文句通りなら、買取価格は200万円くらいになる計算です。

 

しかし、実際には1店目の提示価格にも全く及ばないような感じでした。

 

ユーザーへの直販はしているのでしょうが、買取価格への反映はされていないようです。

 

 

 

最大のポイントとしてPRしていることが、肝心の営業マンが知らないということがあり得ます。

 

過度な期待はショックも大きくなるので、控えめにしておく必要がありそうです。

 

 

 

重苦しい空気の中、ムダな時間を過ごした店舗をあとにしました。

 

 

 07  まさかの査定拒否、でも感謝?

 

タグ

05 どんな金額が出てくるか楽しみな最初の買取店

 

 

 

最初に訪問した中古車買取店は隣接するB市にあるZ店です。

 

FC(フランチャイズ)加盟店ですが、本部のホームページには店舗情報はありませんでした。

 

iタウンページに掲載されていたので、来ることができたのです。

 

洗車場から一番近かったというだけの理由で、トップバッターを努めてもらいました。

 

 

 

駐車場に車をとめ、事務所に入り声をかけますが返事がありません。

 

小さめの事務所には誰もいません。

 

駐車場にもどり、車を洗っている人にたずねてみました。

 

 

 

「すみません、車の査定していただけますか?」

 

 

「あっ、ハイッ、どうぞ事務所へ」

 

 

お店の方と一緒に事務所にもどります。

 

 

「車検証とキーをお借りできますか?」

 

 

「どうぞ」

 

 

「車を査定させていただきますので、その間こちらに記入お願いします」

 

 

アンケート用紙が手渡され内容をみてみると、訪問のきっかけや車を手放す理由、その時期、希望する金額など書く欄がたくさんあります。

 

書けるところは書いて、書けないところはもちろん空白です。

 

10分もしないうちに査定から戻られ、事務所の奥へ行き本部にFAXを送っているようでした。

 

 

「きれいに乗られてますね」

 

 

「ほとんど乗っていないもので」(洗車してきてよかった)

 

 

「走行距離も短いですし、”革シート”と”カーナビ”はポイント高いですよ」

 

 

「そうなんですか、ありがとうございます」

 

 

「ところで、他でも査定されたんですか?」

 

 

「いえいえ、こちらが一店目で、このあと何店か回るつもりなんです」

 

 

「じゃあ、がんばって金額出させてもらいますね」

 

 

「よろしくお願いします」

 

 

 

 

それからしばらくして、営業さんが事務所の奥から戻って来られました。

 

 

「買取金額なんですが、実際に手放される時期によっても変わってきます。現時点だと160~170万円といったところですね」

 

 

「そうなんですか、とりあえずわかりました」(なんか微妙な金額だな・・・)

 

 

「これから他のお店にも行くんですけど、180とかは厳しいんですか?」

 

 

「年明けでまだオークションが動いてないんで、正直相場がつかめないんです」

 

 

「でもうちとしてもぜひ仕入れたい車なんで、本部に相談してがんばりますから、ぜひ連絡ください」

 

 

「わかりました。いずれにしても一度連絡は入れさせてもらいますね」

 

 

 

一つの”モノサシ”は出来たので、あと回れるだけまわり”高価”買取につなげよう!

 

そんな淡い期待をもって向かった2店目だったのですが・・・

 

 

 06  羊頭狗肉?すっきりしない営業マンの対応

タグ

04 いざ出陣、買取店へ向かう

 

2012年1月某日。

 

いよいよ中古車買取店へ”出陣”する日がやってきました。

 

候補店は10店ほどあげましたが、すべて訪問できるかわかりません。

 

店の雰囲気が悪ければ、スルーするかもしれません。

 

どれだけ時間がかかるかわからないので、早めに行動したいところです。

 

しかし、その前にやることがありました。

 

”洗車”です。

 

 

 

結論を言ってしまいますが、車を査定してもらう前には必ず洗車しましょう

 

買取店の営業さんに気持ちよく査定してもらうには、マイカーをきれいにしておくべきです。

 

自分自身も洗車したことで、気持ちに引け目を感じずにすみました。

 

堂々と交渉するには、洗車や掃除は大切なことですよ。

 

 

 

と、いうことで休日の朝から洗車場探しが始まりました。

 

よく利用していた洗車場がなくなってしまい、別のところを探す必要があったのです。

 

ネット情報も断片的で、営業しているかどうかよくわからない洗車場ばかりです。

 

とりあえず住所を控えておいて、行ってみるしかありません。

 

幸いなことに一か所目が営業していたので、すぐに洗車にとりかかります。

 

 

*実際の洗車場です。両側に階段のついたステップが設置されており、ルーフも洗いやすくなっています。
ちなみに自動車は私のものではありません。

 

 

本体を洗い、ホイールの汚れも落とします。

 

”足もと”が汚いと、全体のイメージも悪くなってしまいます。

 

車の中も掃除機をかけてきれいにしました。

 

きれいになるにつれて、愛車の価値が高まっていくように感じました。

 

やはり、洗車をして気持ち的に優位になっておくべきです。

 

 

 

めずらしく熱心に洗車をしていたら、知らない間に時間が経っていました。

 

ふと時計に目をやると、もう一時を過ぎています。

 

あわてて片づけをし、ようやく買取店へ向かいました。

 

 

 

最初のお店に着いたときには、もう2時前になっていました。

 

「この調子で、全部まわれるかな」

 

一抹の不安を抱きながら”高価買取物語”がスタートしました。

 

 

 

 05  どんな金額が出てくるか楽しみな最初の買取店

タグ

01 780,000円の損?

 

 

「お客さまのおクルマの買取価格92万円になります」

 

 

 

 

さて、この92万円という買取価格は高いでしょうか、安いでしょうか。

 

おそらく判断つかないですよね。

 

どんな車を買い取ってもらうのか条件がわからないと、想像もできないと思います。

 

 

 

 

最終的に買ってもらったところの価格は170万円でした。

 

なんと78万円もの差があったのです。

 

 

 

 

何も知らずに最初の買取査定金額が”92万円”だったら、そのまま売ってしまう人もいるでしょう。

 

何かと比較することで、買取価格が適正がどうかがわかるのです。

 

 

 

よく買取業者さんのホームページや看板などに”高価買取””高額査定”などの文字が並んでいます。

 

この”高価”、”高額”は何を基準にしているかは結構あいまいです。

 

相場のモノサシ    

 

 

 

買取業者さんは車を仕入れて、オークションで売る自社で販売することで利益を出しています。

 

たくさんクルマを売って、儲けるためには出来るだけ多くの自動車を仕入れなければなりません。

 

今は買取業者さんの数も多いですから、当然競合も激しくなっています。

 

愛車を売りたいと考えているユーザーさんを、一人でも多く自店に来てもらいたいと考えるのは当然です。

 

 

 

数ある中古車買取店の中からお客さまに選択してもらう方法として、

 

 

「愛車を高価買取します」

 

 

「どこよりも高額査定!」

 

といったキャッチコピーを使っているのです。

 

 

 

「相場価格で買取り」、「適正査定します」といったPRでは振り向いてもらえません。

 

そのことは十分に理解していましたが、”うたい文句”と”現実”のギャップの大きさには愕然としました。

 

 

 

この記事は、これから愛車を手放そうと考えている方の参考にと思い、書いています。

 

今年(2012年)になってからの話ですので、きっと何かのお役に立てると思います。

 

興味を持たれましたら、続きをご覧ください。

 

 

02  愛車売却大作戦・アナログでやるの?

タグ

このページの先頭へ