中古自動車・バイクの買取広告にはお金がかかる

 

商売でモノを売らないことには売上・利益になりません。

 

”売るモノ”を仕入ないことには、始まらないのです。

 

中古自動車、中古バイクの買取ビジネスは、
いかに”商品”を多く調達できるかがポイントになります。

 

 

 

数年前、バイクを中古買取業者さんに買い取ってもらいました。

 

ネットでいろいろ調べてみると、ある業者さんのサイトが目にとまりました。

 

自分のバイク型式と年式を入力すると、「買取価格」が出てくるのです。

 

 

 

”良い状態”の買取価格であることは、注意書きされていました。

 

自分のバイクは走行距離も短く、
屋根のあるところへシートをかぶせて保管していたので、見た目もきれいです。

 

”多少”、買取価格が下がったとしても、まあまあ納得できる価格でした。

 

 

 

査定申し込みをし、訪問時間の打ち合わせをしました。

 

その日は査定が多く、夜の8時過ぎにようやく来られる状況でした。

 

さっそく、査定です。

 

 

 

いろいろとチェックをして、カメラで撮影します。

 

通信機器で本部にデータを送っていました。

 

数分後、担当の方の携帯がなり、中座されました。

 

 

 

しばらくすると、戻ってこられ査定価格を提示してもらいました。

 

「8万円になります」

 

「そんなに安いんですか?」

 

 

 

数か月間、乗っていなかったのでキャブレターの調整がいるようでした。

 

しかし、Webサイトで見た価格は”12万円”です。

 

10万円なら承諾しようと思っていたのですが、
”8万円”は”多少”の域を超えていました。

 

 

 

査定価格の交渉はしましたが、
先方も何か根拠があるのか、強気の姿勢を変えません。

 

おそらく、過去の買取交渉やデータが蓄積されていて、
”このラインなら客はあきらめる”という法則を導き出しているのでしょう。

 

また、1から買取業者さんを探すのも面倒でしたし、
しぶしぶその場で買い取ってもらいました。

 

 

 

”とにかく売ろうとしている客をつかめ!!”

 

こんな指令を大手買取業者さんは出しているのではないでしょうか。

 

そのための手段がTVCMやネットでの広告活動です。

 

 

 

広告費用はただではありません。

 

大きなコストが発生しています。

 

その費用を回収するためには、”安く買って、”高く”売る必要があります。

 

 

 

バイク、自動車を売るときには、このあたりの事情も考慮したほうがいいでしょう。

 

 

タグ

09 中古車買取店理想の対応・T店

 

 

92万円の最低査定を出してもらうのに1時間以上も浪費し、日はすっかり暮れてしまいました。

 

 

 

あと2店だけは訪問し査定してもらおうと決め、T店へ向かいました。

 

買取店Tの近くまで行き、はじめて店舗の存在に気づきました。

 

店の前は何度も通ったことがあるのですが、まったくわかりませんでした。

 

人は興味・関心のないものに意識が向かないものだと、あらためて痛感しました。

 

 

 

駐車場に入ると店内から女性が出てきてくれて、案内してくれました。

 

 

「お時間の方は大丈夫ですか?」

 

 

「30分くらいなら大丈夫です」

 

 

「それでは、できるだけ早く査定させていただきますね」

 

 

 

営業ウーマンに車検証とキーを手渡すと、すぐに査定に向かいました。

ほんの数分で戻ってこられて、説明をはじめてくれます。

 

 

  ・査定の点数は4.6(5点満点) バンパー前に名刺大のすり傷で減点

 

  ・査定価格には自賠責保険料、自動車税、リサイク料、消費税が含まれる

 

 

それまでに行った買取店では説明のなかったことを、テキパキとわかりやすく説明してくれたのです。

 

この説明の途中、事務所の別のスタッフが査定をしていることを伝えてくれました。

 

査定がちゃんと進んでいることを教えてもらえると、こちらも安心できます。

 

それまで、ムダに時間をとられていたので、余計にそう感じました。

 

10分ほどすると営業ウーマンは中座し、用紙を手に戻られました。

 

 

 

「お待たせしました。査定金額が出ました」

 

 

”156万円”と書かれています。

 

 

「当店ではお客さまへの直接販売もしているので、各店に問い合わせれば買取価格アップの可能性もあるんですが、この時間なので確認は明日以降になってしまうんです」

 

 

 

とてもわかりやすく、納得できる説明です。

 

変なかけ引きもなく、信頼できる内容でした。

それまで聞いてきた各店の営業さんの話からしても、156万円には適正さを感じました。

 

同じ買取価格なら、この営業さんに引き取ってもらいたいと思いました。

 

 

 

店に入って出るまでに30分かかっていませんでした。

 

その気でやれば、査定価格を出すのにそれほど時間はかからないようです。

 

”かけ引き”のためにムダな時間を使わされていたのでしょうね。

 

 10  買取価格相場+アルファで決断

 

タグ

このページの先頭へ