同じ買取会社で230万円と270万円が出る理由

 

先日、知人があるメーカーの1BOXカーを手放しました。

 

 

 

もうすぐ、1回目の車検がくるというクルマで、オプションをたっぷり装着したメーカー希望小売価格は500万円を越えていたそうです。

 

 

 

彼が、最初に問い合わせた買取店の査定金額は「260万円」です。

 

 

 

そのエリアだけで複数店舗を展開する買取店です。

 

 

 

そのお店の営業マンとのやりとりで、”結構がんばっている”感じがしたそうです。

 

 

 

一店だけでは後悔するかもしれないと、有名な大手買取店にも電話で問い合わせをしました。

 

 

 

メーカー、車種、年式、グレード、オプション品、外装色、内装等を詳細に聞かれ、出てきた査定金額は予想を大きく上回る「270万円」でした。

 

 

 

彼が予想していたのは、240~250万円くらいだったので、大きく心が揺れました。

 

 

 

結局、この大手買取店で最初の査定通り、「270万円」で買い取ってもらったのです。

 

 

 

私も経験したのですが、この大手買取店の査定金額は他社と比べて低いのです。

 

 

 

知人が後で、営業マンから聞かせてもらった裏話では、通常の査定で出している金額は「230万円」なのだそうです。

 

 

 

では、なぜ、40万円も高い査定金額が出てきたのか、興味あるところです。

 

 

 

実は、他の店舗で知人が手放そうとしていた1ボックスカーを欲しがっていたお客さんを抱えていたのでした。

 

 

 

社内のコンピューターシステムに入力すれば、瞬時にそういったデータは入手できます。

 

 

 

270万円で仕入れても、十分利益が出るだけの金額で購入予算を立てているお客さんがいたから良かったのです。

 

 

 

230万円は、中古車買取店が買い取って、オークションに出品して売りさばき、何とか利益を稼ぎ出せる金額だというのです。

 

 

 

中古車市場も需要と供給とで成り立っています。

 

 

 

求める人がいれば、モノの値段は高くなります。

 

 

 

中古車買取店を多く回った方が、買取価格が高くなりやすいのは、こういった理由からです。

 

 

 

ぜひ、”足で稼ぐ”ことを意識してみましょう!

 

 

 

タグ

中古の買取価格は期待できない!?

 

 

買取金額-回収費用=0

 

 

 

「何でも買取ます!」

 

「出張買取OK!」

 

「不用品買取ります!今すぐお電話を!」

 

「どこよりも高額買取!」

 

「即日現金買取!」

 

 

 

ネットを検索すると、こんなキャッチコピーが氾濫しています。

 

 

引っ越しシーズンのこの時期、目にする機会がさらに増えている感じです。

 

 

ちょうど私も不用品があったので、リサイクル業者へ電話をしてみました。

 

 

 

3年ほど使用した5点の商品を買い取ってもらおうと連絡したのですが、”唖然”でした。

 

 

フリーダイヤルに電話すると、転送され携帯につながれました。

 

 

商品の明細を伝えたところ、

「引き取りだと差し引きして0になりますね」と言われてしまったのです。

 

 

購入金額18万円ほどした品々です。

 

 

ショックが大きく、しばしボー然です。

 

 

気を取り直して、別の業者さんに電話をしてみました。

 

 

そこの回答はこうでした。

 

「精一杯がんばって5,000円くらいですかね・・・」

 

 

 

期待をあおる宣伝文句は多いですが、実態は大きくかい離しています。

 

 

大型の家庭用品などは、人手もいりますし保管場所も必要です。

 

 

回転率が悪ければ、ビジネスになりません。

 

 

 

仕入れがとことん安くなければ、リスクが大きすぎるのでしょう。

 

 

当然といえば、そうなんですが、なんか釈然としません。

 

 

この時期はモノを処分する人も多く、業者さんも強気です。

 

 

5000円で引き取ってもらうことになりましたが、来てもらえるのは4月の中旬です。

 

 

手放すタイミングが悪かった気もします。

 

 

 

中古車を売る時期もこの土日がピークでしょう。

 

 

決算対策で”高価買取”の可能性もあります。

 

 

買うユーザーさんもこの土日に決めようとします。

 

 

すぐに引き渡せる状態で買取交渉に臨めば、
”高額査定”の可能性が高まります。

 

 

愛車を売る方は、チャンスを逃さずにがんばってくださいね。

 

 

 

タグ

中古車買取店から見た”カモねぎ客”

 

私は業界の人間ではありません。

 

 

これからここに書くことは、
”妄想”がかなり含まれています。

 

 

しかし、買取交渉をする中で、
中古車買取店の営業さんが「こんなお客さんだったらいいのになぁ」
と思う”お客さま像”が何となくわかりました。

 

 

 

 

彼らにとっての”いいお客さま”は、
効率よく利益を稼ぐことのできる人を意味します。

 

 

つまり、あなたの愛車買取価格が安くなってしまうのです。

 

 

そのことを理解した上で、中古車買取店の営業さんたちとの交渉に臨んでください。

 

 

 

 

 

もし、私が中古車買取店の営業マンなら、
こんなお客さんの来店を期待します。

 

 

・中古車市場で需要の多い人気車を持っている

例えば、高年式のトヨタ・プリウスなど(色はパールマイカ)

*すぐに売れる車を仕入れることが大事なようです。

 

 

・"買い取り"でなく”買い替え”を考えている

買取でマージン、販売でマージンの”一粒で二度おいしい”取引

*自社在庫車を買ってくれれば、最高のパターン

 

 

・自分の車の相場を知らない

相場がわからなければ、交渉を優位に進めやすい

 

 

・他の中古車買取店の存在を知らない

他社競合で買取価格が上昇すれば、利益がそれだけ減ります。

競わないで済むことは、営業にとって理想です。

 

 

・即決してくれる

来店、査定、買取価格提示、交渉成立とすぐに決まれば、万々歳でしょう。

*”他店へ行かさない”ことが、中古車買取店の営業さんに必要な能力のように思います。

 

 

 

 

こんな”カモねぎのお客さん”ばかりなら、儲かってしかたないはずです。

カモねぎ

タグ

いよいよ中古車の需要期到来、買取交渉へ!

 

3月は新社会人が新生活への準備を進めます。

 

今からの時期、合宿制の教習所もいっぱいです。

 

 

免許を取った彼らは通勤用の足として、
自動車を探し始めます。

 

特に地方へいくと、車は欠かせません。

 

新社会人が購入を考えるのは、やはり手ごろな中古車になります。

 

 

都会から転勤してくるサラリーマンも
自動車の購入を考えます。

 

 

そろそろ家探しに動き始めるころです。

 

 

”ついでに手ごろな中古車をみておこう”

 

こんな気持ちにもなるでしょう。

 

 

 

ということで、最需要期を迎える3月は、早めに買取交渉に臨みましょう。

 

買取店の営業さんも、多少”色”をつけてくれる時期です。

 

中古車買取店を回る時間がとれないときは、一括の見積り査定も方法の一つですよ。

 

 

 

同じ査定してもらうなら、確実に得する方法がいいですよね。

 

 

タグ

3月は中古車高価買取のチャンス!

 

3月に入ると、もっとも中古車が活発に流通します。

 

自動車ディーラーも3月決算の会社が多くあります。

 

決算に合わせて、1台でも多く売上をあげるように営業に指示が出ます。

 

当然、競合がありますから、負けないために”価格対応”をしてくれます。

 

安くなるなら、この時期(3月)に車を買い替えようというお客さまが増えるのです。

 

 

 

買い替えの際には車を下取りに出しますから、中古車市場に出ていきます。

 

3月決算に合わせて車を購入した人は、このタイミングで車検を迎えます。

 

5年乗った人は、「そろそろ買い換えるか」と考えます。

 

”車検費用がかかるなら、今のうちに買い替えたほうがいい”

 

こう、結論を出す人が多いのです。

 

 

 

 

一方、4月から新生活を始める人が出てきます。

 

新社会人、転勤者等々。

 

通勤の手段として新たに車を購入する人が多くいます。

 

地方にいくと、車通勤があたり前になっているところが少なくありません。

 

逆に公共交通機関では通いにくいところもあります。

 

 

 

都会で勤務していた会社員も地方に転勤になると、
”生活の足”として車を購入します。

 

とりあえず”足がわり”に使うため、安くて燃費の良い車が人気になります。

 

軽の中古車は特にこの時期需要が増えてきます。

 

 

 

高年式(はじめての車検を迎える)の軽自動車を持っている方は、
高く買い取ってもらえる可能性大です。

 

軽自動車以外でも、中古車に人気がでる時期です。

 

中古車買取店は1台でも多く、”商品”を仕入れようと頑張ってくれるはずです。

 

 

 

 

あなたの車が一番高く売れるこのタイミングを逃がすことはありません。

 

最需要期のさ3月もあっという間に過ぎていきますから、早めの行動が大切ですよ。

 

”3月の売上(決算対策)”にならないと、高価買取も中価買取になってしまいます。

 

 

 

複数の中古車買取店からスピーディーに相見積りを出してもらえば、
効率良く、高価買取が実現可能です。

 

ここなら、確実にプラス5,000円ももらえるので、魅力的ですよね。

 

成約で楽天5,000ポイントが ≫≫ 中古車買取査定市場

 

 

 

やっぱり車は売らない、車検を通すというなら、安くなる方法もありますよ。

 

新しい車検のしくみ ≫≫ 高いディーラー車検! ⇒ 不安ユーザー車検? ⇒ 安くて安心ホリデー車検!?

 

 

 

 自動車保険の更新がこの時期の方も多いでしょう。

 

まだ見直していない方は、安くなりますよ。

 

わかりにくい保険は比べるのが一番  ≫≫ 【最大1,111ポイント】楽天の自動車保険一括見積もり

 

 

 

高く買ってもらう、安く買う秘けつは、”具体的に比較してみる”ことです。

 

幸運を祈っています。

 

 

タグ

中古自動車・バイクの買取広告にはお金がかかる

 

商売でモノを売らないことには売上・利益になりません。

 

”売るモノ”を仕入ないことには、始まらないのです。

 

中古自動車、中古バイクの買取ビジネスは、
いかに”商品”を多く調達できるかがポイントになります。

 

 

 

数年前、バイクを中古買取業者さんに買い取ってもらいました。

 

ネットでいろいろ調べてみると、ある業者さんのサイトが目にとまりました。

 

自分のバイク型式と年式を入力すると、「買取価格」が出てくるのです。

 

 

 

”良い状態”の買取価格であることは、注意書きされていました。

 

自分のバイクは走行距離も短く、
屋根のあるところへシートをかぶせて保管していたので、見た目もきれいです。

 

”多少”、買取価格が下がったとしても、まあまあ納得できる価格でした。

 

 

 

査定申し込みをし、訪問時間の打ち合わせをしました。

 

その日は査定が多く、夜の8時過ぎにようやく来られる状況でした。

 

さっそく、査定です。

 

 

 

いろいろとチェックをして、カメラで撮影します。

 

通信機器で本部にデータを送っていました。

 

数分後、担当の方の携帯がなり、中座されました。

 

 

 

しばらくすると、戻ってこられ査定価格を提示してもらいました。

 

「8万円になります」

 

「そんなに安いんですか?」

 

 

 

数か月間、乗っていなかったのでキャブレターの調整がいるようでした。

 

しかし、Webサイトで見た価格は”12万円”です。

 

10万円なら承諾しようと思っていたのですが、
”8万円”は”多少”の域を超えていました。

 

 

 

査定価格の交渉はしましたが、
先方も何か根拠があるのか、強気の姿勢を変えません。

 

おそらく、過去の買取交渉やデータが蓄積されていて、
”このラインなら客はあきらめる”という法則を導き出しているのでしょう。

 

また、1から買取業者さんを探すのも面倒でしたし、
しぶしぶその場で買い取ってもらいました。

 

 

 

”とにかく売ろうとしている客をつかめ!!”

 

こんな指令を大手買取業者さんは出しているのではないでしょうか。

 

そのための手段がTVCMやネットでの広告活動です。

 

 

 

広告費用はただではありません。

 

大きなコストが発生しています。

 

その費用を回収するためには、”安く買って、”高く”売る必要があります。

 

 

 

バイク、自動車を売るときには、このあたりの事情も考慮したほうがいいでしょう。

 

 

タグ

中古車の需要期到来、買取交渉開始!

 

ニッパチ(2月と8月)は商売が芳しくない月とよく言われています。

 

今年はうるう年ですから、2月は29日あります。

 

それでも他の月より稼働日数が少ないので、売上に影響してしまいます。

 

 

 

年末から正月にかけて、出費も多くなります。

 

3月、4月は何かと物いりです。

 

そう考えれば、2月はできるだけ節約しようという意識が働いてもおかしくありません。

 

 

 

しかし、2月は新生活に向けて”行動”しはじめる人が増えます。

 

中古車市場もこれから需要期をむかえ、1台でも多くのクルマが必要とされる時期です。

 

クルマを手放そうかと考えている人は、そろそろ買取交渉にむけた行動をとらないと不利な戦いになってしまいます。

 

 

 

遅くても、2月前半までにはアクションを起こしましょう。

 

中古車販売店を回って、自分の車の相場(買取価格ではないですよ)を見てみるのもいいでしょう。

 

ついでに、中古車の引き合いが増えているのか、情報を収集するのもおすすめです。

 

 

 

買取店にふらっと寄って、様子をうかがうというのもありです。

 

さっさと片付けたなら、Webで買取一括査定に申し込んでもいいでしょう。

 

とにかく行動を起こすことがこの時期になると大事です。

 

中古車買取査定市場

タグ

クルマを高く買ってもらう方法・実践編

 

 

私の中古車買取交渉の結果は、170万円でした(ドイツ車4年落ち・新車時約450万円)。 

 

 

 

6社の買取店を訪問し、 最低査定92万円 ~ 最高査定170万円

 

なんと1.8倍もの格差です。

 

1社だけの査定は危険です。

 

 

 

今回初めて、自動車の”売却だけ”を経験しましたが、なんとか”大損”はせずに済みました。

しかし、残念なことに”小さな損”はありました。 23,000円の損です。

この内容は後ほどご紹介させていただきます。

 

 

私は買取交渉活動の中では、”ムダ”な時間も費やしました。”嫌な思い”も少ししました。

もう少し知識があれば良かったのにな、と感じることも少なくありません。

これは私だけでなく、対応してくれた担当の方も同じような感情を持たれたと思います。

 

 

売る側、買う側双方が気持ちよく、買取交渉できることが理想です。  

そのためにもユーザーが知っておくべきポイントがあります。

 

以下にそのポイントをご紹介しますので、ぜひあなたの買取交渉にお役立てください。

 

 

—————————————————————
1. 車を売る目的を明確にしましょう
—————————————————————

あなたが車を売る目的は、”少しでも多くのお金を手に入れる”ことではないでしょうか。

買取交渉をしていると、手段である”交渉”が目的になってしまうことがあります。

 

買取店から低い査定が出てくると、その根拠について反論しようとしてしまいます。
(私個人的なことかもしれませんが・・・)

買取価格がアップするのであれば十分に交渉すべきですが、
見込みがなさそうであればムダな時間を使わず、次のお店との交渉に臨みましょう。

お金が増えないことはやめておきましょう。
(交渉そのものがお好きな方は別ですが・・・)

 

 

 

——————————————————-
2. "高価買取"に惑わされない
——————————————————-  

”高価買取”ということばほど、罪なキャッチフレーズはありません。

今回の買取交渉の中で、この”高価”ということばが頭の中にあったためにショックも大きかったです。

高いか安いかは、ユーザー側の主観的判断です。

 

 

事前の情報量が少なければ、出てきた査定金額を見て、感覚的に高いか安いかを判断します。

このとき影響を受けるのが、”高価”や”高値”といった甘いことばなのです。

 

何に対して”高価”なのか明確ではありません。

 

「他店より1万円高価」をうたっているのかもしれません。

「相場より高値」と言っている可能性もあります。

 

あなた(私もそうでした)が期待するような、 飛び抜けた高値は出てこないことを理解しておきましょう。

 

 

 

 

——————————————————
3 買取目標金額を設定する
——————————————————  

いくらなら自分自身も納得できるかという、買取の目標金額を決めることが大事です。

情報量の少ないわれわれ素人が、より的確な数字をはじき出すには複数の買取店で査定してもらうのが一番です。

 

 

私の場合、事前にインターネットでいろいろ調べてみました。 

 

しかし、同等の車が少ないこともあり、あまり参考になる情報はありませんでした。

1店目の中古車買取店で出してもらった「160~170万円」という価格が、自分の中で基準になりました。

結果的には1店目の査定価格が”買取目標金額”として、適していたと思います。

相場的には160万円前後、背伸びして届く価格が170万円。 

 

そんな感じです。

 

 

査定価格をたくさん集めればそれだけ精度も高まります。

逆に少なければ、価格のバラつきが大きくなってしまう可能性があります。

買取査定は必ず複数のお店にしてもらうようにしましょう。

 

 

 

買取店との商談の中で愛車の相場をつかみ、それにプラスαして”買取目標金額”を設定します。

私の場合、プラスαを”10万円”におきました。

 

これは各店との交渉の中で、ギリギリ飲んでもらえるだろうと考えた数字です。

 

 

 

買取店も利益を出さなければ商売になりません。

 

無理(多少の利益減)は聞いてくれても、無茶(利益がほとんど出ない)は拒否されるでしょう。

 

プラスαがいくらなら”無理”の範囲なのかを見極めることが重要です。

 

 

 

 

——————————————-
4 タイミングを外さない
——————————————-


中古車オークション月別成約台数

上記の棒グラフをご覧ください。

オートオークション最大手である株式会社ユー・エス・エスさんのオークション成約台数です。
*台数はホームページから借用いたしました。グラフは独自に作成したものです。

2009年1月から2010年5月までの月別成約(落札)台数です。

 

見てわかるように、3月の成約台数が突出しています。

成約は14万台超ですが、出品台数は20万台を大きく超えています。

4月から新社会人として働き始める人の需要が大きいのでしょう。

3月決算の会社も多いですから、決算対策で力も入るはずです。

こういうタイミングは大切にしなければなりません。

商談を期末(3月31日)近くまで引っぱると、決算に間に合わなくなり条件が下がるかもしれません。

中古車買取店も忙しい時期でしょうから、早めにしかけた方がいいでしょう。

 

 

 

需要が増えるタイミングの見極めも大切ですが、自分が乗っている車のモデルチェンジ時期も意識しましょう。

モデルチェンジされると、旧型の相場が下がるのは当然です。

特にフルモデルチェンジは影響も大きいようなので、注意が必要です。

 

 

 


ここからより具体的アドバイス

もし私がもう一度買取交渉をやり直せるとしたら、どういう方法でやるかをご案内したいと思います。

 

 

 

1. iタウンページで周辺の中古車買取店を確認(もれのないように) ====

  • 買取店を自ら訪問して交渉することの大変さを身にしみて感じました。やり直すならWebからの一括査定を使うのですが、エリアによっては登録されている買取店が少ない可能性もあるので、タウンページでお店をざっとチェックしておきます。

 

 

2. 車を手放すタイミングをあらかじめ決めておく ====

  • 車を乗り換える場合は関係ありませんが、売却だけなら任意保険料が戻ってきます。月の締めを越えると1ヶ月分の保険料を損しますので、確認しておきましょう。
  • もし、駐車場を借りているのなら、解約のタイミングは重要です。私の場合は間が悪く、空の駐車場に1ヶ月分(18, 000円)払うことになってしまいました。
  • 査定金額を詰める際には、買取店の営業さんから「いつ車を頂けますか?」と聞かれるはずです。最終段階では伝えなければならないので、決めておきましょう。

 

 

3. 売却に必要なものを準備しておく ====

  • 車を査定してもらうには、最低限車検証が要ります。自動車税の納税証明や自賠責保険、リサイクル料など一連の書類は確認しておきましょう。
  • 売却の際には、実印と印鑑証明(市区町村)が必要になるので、事前にとっておくといいでしょう。
  • 自動車の付属品やスペアキー、カーナビなどの取扱説明書も用意します。

 

 

4. 中古車買取店からの連絡対応準備をする ====

  • 一括査定の依頼をすれば当然、各買取店から連絡が入ってきます。一覧表を作って訪問日時の調整ができるようにしておきます。時間は1時間おきで設定しておけば十分だと思います。

 

 

5. 中古車一括査定をWeb上から依頼 ====

  • Web(インターネット)上から一括査定を依頼しましょう。どこからするかは悩ましいところですが、下記を参考にしてください。

 

 

6. 買取査定のスケジュールを埋めていく ====

  • 査定依頼をすると次々と連絡が入ってくるそうです(心の準備をしておきましょう)。先着順で査定のスケジュールを埋めていきます。このとき「時間があまり取れないので、2、30分以内でお願いできますか」と先に言っておくと相手も考えて査定をしてくれるでしょう。

 

 

7. 中古車買取店に決めた順番通り査定をしてもらう ====

  • 当日、査定する方が来られたら、時間の件(20~30分以内)を念押ししておきましょう。買取店の数にもよりますが、テキパキすすめないとなかなか終わりません。出してもらった買取査定金額を一覧表に記入していきます。買取額のアップが見込めそうかなどの情報も書いておくと、後で参考にできます。

 

 

8. 各店の買取査定を比較・検討 ====

  • すべての買取店から査定が出たら比較検討に移ります。査定をしてもらう中である程度感触をつかめていると思いますので、候補を1、2店に絞り込みます。自分で決めた買取目標金額に向けて、最終の詰めをします。
  • 希望金額、引き渡し可能日などの条件を明確にして最終の買取査定額を出してもらいます。

 

 

9. 最終決定

====

 

  • どのお店に愛車を買い取ってもらうかは、できるだけ早く決めた方が他のお店からの催促もなくなり、気分的に楽になると思います。
    また、査定してもらった営業の人には結果(他店で決めた)を連絡することをおすすめします。 私も保留していた2店には、電話を入れて事情を説明しました。すると先方から、感謝のことばをいただきました。営業さんもどうなったか、気になっているのです。

 

以上が私ならこうするという、経験を踏まえたやり方です。

ポイントは、ムダな時間をかけずに複数の買取店に査定をしてもらことです。

アウェー(買取店の店舗)では、どうしても拘束時間が長くなっていました。ホーム(査定に来てもらう)なら、時間を決めて査定してもらうことが可能です。

売る側が知りたいのは、自分の車の相場がいくらくらいで、どのお店が一番高い査定を出してもらえるかです。

買取一括査定なら、買取店さんも他店競合がわかっていますし、複数の査定を効率よくもらえます。 

 

 

実は私も一括査定のフォームに入力して、相場を知ろうとしたのです。 

ところが、画面が進むと名前や住所など個人情報を入力する欄が出てきたので、途中でやめたのです。

一括査定のしくみもよくわかっていませんでしたし、運営会社も知らなかったので個人情報の扱いも気になったのです。

 

 

今回、この記事を書くにあたって調べてみると、リクルートが運営している中古車買取一括査定があるのがわかりました。

よく考えれば、「カーセンサー」を昔から発行しているので当然といえばそうですよね。

中古車情報のプロが運営しているここなら、安心して査定依頼が出来そうです。

 

もう一つ魅力を感じる中古車買取一括査定を見つけてしまいました。

これを見つけたときは少しショックでした。

買取が成約すると、5,000ポイントがもらえるのです。

 

 

私は楽天でよく利用するので、5,000ポイントは5,000円の現金と同じです。

最終の査定金額を出してもらい、納得できる価格でしたら契約しましょう。

思いのほか価格条件に開きがあるのであれば、売るのをやめるのも選択肢です。

ただし、「売らない」可能性があるなら、査定のときにその旨伝えておきましょう。(「買取価格が低ければ売るのをやめるかもしれません」等)

 

まさか、楽天が中古車買取の分野まであるとは・・・

駐車場代の18,000円と楽天の5,000円(ポイント)、あわせて23,000円の失敗でした。(残念!)

楽天をよく利用される方には、超おすすめです。
(成約すれば必ずもらえるのですから・・・)  

 

ぜひあなたは小さな失敗もなく、満足できる買取査定を楽しんでくださいね。

タグ

中古車買取価格への過度な期待は禁物

 

 

 

このページには、中古車を手放そうとしているあなたが、

最小の労力最大のお金を得る

ためのノウハウを掲載しています。

 

 

しかし、その前に忠告を一つ。

過大な期待は決してしないでください

 

 

 

ネット上や巷(ちまた)には「高価買取」「高額査定」「高値保証」など、

車を売りたい人の気もちをくすぐる美辞麗句が並んでいます。

 

 

この”高価”、”高額”、”高値”ということばにつられて査定をしてもらうと、

大きなショックを受ける可能性があります。

 

人間は勝手なものですから、「きっと高く買ってくれるんだ」と期待しています。

 

あなたの”モノサシ”より高ければ満足すると思いますが、おそらく低い方へブレるでしょう。

 

 

 

新車でもナンバープレートを付けた瞬間に、2割も3割も価格が下がってしまうそうです。

 

また、時間の経過とともに価値が下がっていくのが普通です。

 

「俺が車を買ったとき、たしか250万円くらい払ったから、100万円くらいにはなるだろう」と勝手に想像してもダメなのです。

 

中古車市場の相場があるので、それに見合った買取価格を大きく超えることはありえません。

 

 

 

80万円が相場なら、80万円前後の買取価格が提示されるはずです。

 

このとき「100万円」を期待していたら、80万円は安すぎると感じます。

 

「50~60万円」くらいかなと思っていたら、80万円は”いい価格”です。

 

何を基準にするかによって、”高く”も”安く”もなるのです。

 

 

 

タグ

このページの先頭へ