集客の目玉で欲しい”アクア”・”86”・”BRZ”

 

社団法人日本自動車販売協会連合会の発表によると、
2月の車種別の新車販売台数はトヨタの「プリウス」だったそうです。

 

35,875台の実績で対前年同月比187.7%と、人気の高さがうかがえます。

 

 

2位はホンダの「フィット」で、24,973台の実績で、こちらも約1.5倍伸びています。
エコカーの人気はやはり根強くなっています。

 

 

 

 

さて、驚きは3位です。

 

あのトヨタの「アクア」がランクインです。

 

21,951台と凄い受注です。

1位になるのも、そう遠くないでしょう。

 

 

 

ハイブリッド車で気を吐くトヨタですが、未発売のあの「86(ハチロク)」の受注も急伸です。

 

2月2日のは発表から一ヶ月後の3月2日時点で約7,000台の受注があったと
トヨタが発表しました。

 

先行しているスバルの「BRZ」の受注は公表されていないようですが、
こちらも人気が高く、すで半年待ちもでているようです。

 

スバルは「インプレッサ」も好調な立ち上がりでしたので、
「BRZ」も相当受注をとれそうです。

 

 

 

さて、これら人気沸騰中の新車ですが、
中古車市場にはほとんど姿を見せていません。(86、BRZは未出荷なので当然)

 

無ければ見たくなるのが人情です。

 

ここで、「アクア」と「86」あるは「BRZ」を仕入れてくれば、
集客の目玉になることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

玉数が少ないですから、仕入れは当然高くなります。
しかし、それ以上のリターン(集客・商談)を得られそうです。

 

気のきく中古車買取店・販売店なら、
社員に購入申し込みさせているかもしれません。

 

仕入れにくいモノの調達してこそ、存在価値が高まります。

 

そんな努力を続けないと、中古車市場は厳しさが増すばかりでしょう。

 

 

 

 

 

 

タグ

2012年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クルマ雑記

BZR vs 86(ハチロク) スバルの苦渋

 

昨日(2月2日)トヨタから新型スポーツカー「86(ハチロク)」の発売が発表されました。

 

そして、今日(2月3日)富士重工業から「SUBARU  BZR」を発売すると発表がありました。

 

 

 

ご存知のとおり、トヨタとスバルが共同開発した新型車です。

 

メインのエンジンはスバル得意の水平対向エンジンです。

 

同じクルマを別々に発売する。

 

発表は一日遅れ。

 

いろいろ”大人の事情”があるのでしょうが、スバル社員の方の気持ちがわかるような気がします。

 

車名 トヨタ 「86(ハチロク)」

スバル 「SUBARU  BZR]

 

発表日 トヨタ 2月2日

スバル 2月3日

 

発売日 トヨタ 4月6日

スバル 3月28日

 

販売計画 トヨタ 1,000台/月

スバル  450台/月

 

車両価格 トヨタ 3,050,000円

トヨタ 2,970,000円

 

トヨタ 2,870,000円

スバル 2,871,750円(税別 2,735,000円)

 

トヨタ 2,790,000円

スバル 2,793,000円(税別 2,660,000円)

 

トヨタ 2,480,000円

スバル 2,546,250円(税別 2,425,000円)

 

トヨタ 2,410,000円

スバル 2,478,000円(税別 2,360,000円)

 

トヨタ 1,990,000円

スバル 2,058,000円(税別 1,960,000円)

 

 

車名はどちらも”品番”みたいですが、「86(ハチロク)」は往年のファンにはたまらない命名でしょう。

 

発表はトヨタが先、発売はスバルが先と、バランスをとったようです。

 

販売計画に関しては、トヨタは”遠慮”しているようにも見えます。

 

大幅に上回りそうです。(中高年層の購買一巡後がカギ?)

 

 

 

車両価格は非常に微妙です。

 

プレス発表で出されている価格ですが、スバルは消費税抜きの価格も出していました。

 

仕様が多少違うのでしょうが、スバルの価格の方が高めに設定されています。

 

そこを消費税抜きの価格を併記することで、”ごまかしている”ようにも感じます。

 

 

 

中身は同じなら、どっちを買うか?

 

「値引き額が大きいBZRにしよう」

 

ひょっとすると、こんなことまでシミュレーションしてるのかな、と。

 

 

 

ほとんど値引きは期待できないでしょうが、
最終段階で値引き余地を持たせるためにBZRを少し高めに設定しているというのは勘ぐりすぎでしょうか。

 

 

 

最上位グレードのLimitedをトヨタにしか設定がないのも、なんだか・・・

 

 

 

 

スバルのみなさんの苦渋を感じてしまうプレス発表です。

タグ

2012年2月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クルマ雑記

レビン28年落ち・20万km ・100万超

 

 

「カローラ」、「スプリンター」って、よく似た車だと長い間思っていました。

 

異なる販売系列店で取り扱うために、ブランドを分けていたのを知るまで時間がかかりました。

 

 

 

だいたい「カローラ」、「スプリンター」といえば、サラリーマンが乗るファミリーカーのイメージ大です。

 

ところが、「カローラ」、「スプリンター」の"派生"(?)であるはずの「カローラ・レビン」、「スプリンター・トレノ
はまったく違うスポーツカーでした。

 

若者でもがんばれば手の届く価格帯で、”走り屋”のこころに火をつけた感じです。

 

 

 

ここで話しているレビンは1983年(昭和58年)から1987年(昭和62年)にかけて発売されていた4代目のことです。

 

私は乗っていませんでしたが、先輩が乗っていたので、興味はありました。

 

初めて見たときは、

 

「パトカーか?」

 

「パンダみたいだ」

 

 

こんな感想を持ちました。

 

 

白と黒のツートンカラーがイメージカラーで、「レビン」といえば今でもこのボディカラーでした。

 

 

 

1600CCしかないのに、すごいパワー(130psくらい)がありました。

 

当時、ホンダから「シティ・ターボ」が発売され、”100ps”のパワーが凄かったことをよく覚えています。

 

この「シティ・ターボ」を上回る馬力と聞いただけで、そのパワーが十分にわかります。

 

 

 

よく「ハチロク」と呼ばれていましたが、「AE86型」エンジンを搭載していたのです。

 

このころは、「DOHC」、「ツインカム」と聞くだけで、「速そっー!」という感じです。

 

 

 

価格の安いレビンは「AE85型」エンジンを積んだ、1500CCのSOHCです。

 

「DOHC」と「SOHC」、響きがまったく違います。

 

当然人気は86(ハチロク)に集中しました。

 

 

 

ただ、86(ハチロク)に乗る人は、速く走ることが目的だったので、事故もよくしていました。

 

一方、85(ハチゴ)に乗っていた人は、割とおとなしめに乗っていたようです。

 

ベースは同じなので、後に86(ハチロク)エンジンを85(ハチゴ)に載せ替えたりもあったようです。

 

 

 

 

 

FR(後輪駆動)だったのも、人気の一つかもしれません。

 

先述した「シティ・ターボ」はFF(前輪駆動)で、結構あぶない状況がありました。

 

下手なくせによく飛ばして、ハンドル操作を誤っていたのです。

 

(友人も2回、こけました)

 

 

 

 

さて、この86レビンですが、今でも人気です。

 

中古車市場で、28年落ち、20万km超 で100万円以上の値段がついているものもあるのです。

 

どの車も走行距離が長いのが特徴ですね。

 

それだけよく乗られていた車なんでしょう。

 

 

 

30年近くもたって、まだ価値が残っているのですから、86はスゴイ名車です。

 

その86「ハチロク」が生まれかわって登場するのですから、楽しみです。

 

 

 

 

2012年4月6日からいよいよ発売されます。

 

エンジンは2000CC、当然のFR駆動。

 

富士重工業(スバル)得意の水平対向エンジンが搭載されています。

 

気になるパワーですが、馬力200psということですが、これは車体に搭載した状態の数値です。

 

 

 

先代86(ハチロク)はグロスで130psです。

 

おそらく、同じグロスで測定すれば、235psくらいの馬力があるので、そのパワーがよくわかります。

 

はじめから改造を前提にしたタイプの車両価格は200万円を切っています。

 

最上級車でも、305万円です。

 

 

 

月間の目標台数は1,000台ということですが、もっと売れるでしょう。

 

86(ハチロク)が注目されると、4代目86(ハチロク)も必ず脚光を浴びます。

 

そうすると、86(ハチロク)の価格相場も上昇するでしょう。

 

 

 

ガレージに86(ハチロク)が眠っている人は、チャンス到来です。

 

あなたのまわりに86(ハチロク)がないかチェックしましょう。

 

 

 

 

いずれにしても、わくわくするスポーツカーの久々のデビューは楽しみです。

 

ただ、スポーツカーなのに、

 

『JC08モード走行燃費13.4km/Lを実現』

 

とかいうのは、さみしい気がしてなりません。

タグ

2012年2月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クルマ雑記

一世帯に2.5台の自家用乗用車

 

 

アパート経営を提案するある企業が、ある地方都市に進出したことがありました。

 

他のエリアで実績を積み重ね、入居者を集めるノウハウに自信を持っていました。

 

オーナー(地主)さんに成功事例を説明すると、説得力もあり案件受注も順調に進みました。

 

 

 

 

受注さえできれば、建築から入居者集めまでは過去のデータに基づき、体系化されているので何の心配もいりません。

 

アパートが完成し入居者が入れば、あとはある程度安定的に運営ができます。

 

その成功事例をネタにして、新たなオーナー探しをすれば受注は増やしていけます。

 

 

 

 

ところが、入居者募集をしてもなかなか集まらないという事態が発生してしまったのです。

 

他のエリアならすでに9割方埋まっている時期なのに、どのアパートも1~2割程度しか入居者が決まっていません。

 

信じがたい事態に、急きょ調査が行われることになりました。

 

 

 

 

そしてある事実が判明しました。

 

入居者がそのアパートを選ばない理由は、自動車の駐車場にあったのです。

 

このアパートには、すべての入居者分の駐車スペースが確保されていました。

 

平面駐車でスペースに十分な余裕もあります。

 

それなのに、不満があるというのです。

 

 

 

 

不満の理由は1台分しか駐車スペースがなかったからです。

 

単身者向けのワンルームなら1台分でもよかったのでしょう。

 

しかし、このアパートは2DKの広さがあり、新婚さんや若い夫婦も入居者の対象になっていました。

 

夫婦共働きが多く、奥さんも”足”としての自動車が必要だったのです。

 

 

 

 

一世帯あたりの自家用乗用車保有台数を見てみましょう。

 

1位が福井県の2.5台、2位は群馬県1.8台です。

 

一番少ないのが東京都で0.5台、一家に1台なのは兵庫県です。

 

全国平均でいくと、1.2台所有しています。

 

 

 

 

結構多くの自動車を持っているものだと、再認識しました。

 

 

冒頭のアパートを手掛ける企業は、その後ファミリータイプは2台駐車を基本にしました。

タグ

2012年1月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クルマ雑記

愛車買取後はタクシー、レンタカー、カーシェアリング

 

 

自動車を手放した後、”足”の確保を考えておく必要があります。

 

緊急時の際、移動手段を頭に入れておけば安心です。

 

まずは近くのタクシー会社の電話番号をメモしておきましょう。

 

早朝や夜中でも配車してくれるのか、確認もしましょう。

 

 

 

つづいてレンタカーの店舗も見つけておきましょう。

 

できれば24時間営業の店舗があれば、重宝します。

 

大きな荷物を運ぶときや、旅行にでかけるときも利用できます。

 

複数のレンタカー屋さんの料金体系などを比較して、優先順位を決めておくのもいいかもしれませんね。

 

それと店舗までの移動手段も考慮します。

 

歩いていけるのか、自転車やバイクを使うのか、電車でいくのか、利便性も含めて比べるといいでしょう。

 

 

 

あとカーシェアリングが注目を浴びています。

 

昨日(2012年1月27日)株式会社矢野経済研究所が発表した『レンタカー&カーシェアリングに関する調査結果2011』によると、2010年のカーシェアリング市場規模は約24億円(対前年比376%)、2011年の見込みは約61億円(対前年比255%)、2012年の同研究所の予測では約117億円(対前年比191%)と拡大傾向にあるそうです。

 

まだ100億円規模のカーシェアリング市場ですか、ある時期がくれば急拡大する予感がします。

 

認知度がまだまだ低いですし、展開しているエリアも限られているので需要も限定的になっています。

 

しかし、サービス拠点(ステーション)と車両台数が増えていけば認知度も高まり、利用しようと考える人も増えてきます。

 

利用者数が増えれば、利用方法や頻度などの情報も蓄積されてゆき、より効率的で利便性の高いサービスを提供できるようになります。

 

 

 

 

矢野経済研究所のレポートにもありましたが、今はカーシェリングのステーションと車両台数を増やしていく先行投資の時期で、事業としての収益性の面ではまだまだ厳しい環境のようです。

 

資本力が劣る中堅企業では、投資負担に耐えられず撤退をしているケースもあるようです。

 

せっかくカーシェアリングが普及し、便利に活用できる日が近づいていると思っていただけに少し残念な発表でした。

 

 

 

 

今のタイミングでは、ある程度資本をもった企業に強力な推進をしてもらわなければなりません。

 

クルマを手放した今、余計にこの思いが強くなってきました。

 

がんばってもらえるのは、ここなのかなという感じです。

 

カーシェアリング

タグ

2012年1月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クルマ雑記

電気自動車の普及は燃費の悪化を招く

 

 

ガソリン価格がほんの数円上がるだけで敏感に反応する人がいます。

 

それも割と多数派を占めているのです。

 

 

 

月に何回か給油していれば、ガソリンの相場が感覚的に身についています。

 

スーパーでキャベツの価格の妥当性がわからない旦那さんも、ガソリンの店頭価格の妥当性は判断ができます。

 

頻繁に価格情報に触れていれば、価格がどう変動してきたか理解できるものなのです。

 

 

 

ガソリン価格が急騰したら遠出をひかえ、30リッターだけ入れておこうとか考えます。

 

必要以上の給油は抑えようという意識がどこかしら働くものです。

 

急加速や急ブレーキに気をつけて、燃費よく走ろうともするでしょう。

 

”出費”が目に見えていると、ムダを減らそうという行動をとるのです。

 

しかし今後、電気自動車が普及するにつれ、こういう節約行動が減ってしまう可能性があります。

 

 

私もよく使っているのですが、充電式の乾電池は重宝します。

 

電池の残量がなくなっても、コンセントから充電できるのでムダがありません。

 

電池の処分にも困りませんし、一度購入すれば何百回と使えます。

 

最初は少し高くても、あとはお金がかかりません・・・・

 

 

 

これは大きな勘違いです。

 

家のコンセントから充電すれば、当然電気を消費しているので、電気代がかかっています。

 

使った電気代をその場で払えば、”電気代がかかっている”と認識できます。

 

残念なことに、毎月まとめて支払いをしているのでそんな意識にはなれません。

 

 

 

同じようなことが電気自動車でも起こるような気がするのです。

 

”電気スタンド”で充電すればコスト意識ももてるでしょうが、
自宅で充電するといくら分充電したのかわかりにくくなります。

 

他で使用する電気と合算してしまうでしょう。

 

消費する金額があいまいだと、節約運転から遠ざかります。

 

多くのドライバーが同じような行動をとれば、膨大なエネルギー浪費にもつながりかねません。

 

 

 

せっかく再生可能エネルギーで電気を作っても、こういうところでムダ使いをしてはもったいない話です。

 

 

 

繰り返し使える乾電池

タグ

2012年1月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クルマ雑記

ゲームも中古車も回転率向上で経済活性化

 

あるリサイクル店でこんな張り紙を見たことがあります。

 

 

 

「ゲーム、CD お買い上げ1週間以内なら購入価格の50%で買取」

 

 

 

なるほどな、と感じがしました。

 

売上を増やすには、販売する(売れる)商品はたくさん必要です。

 

ゲームは一通り終わると、飽きてやらなくなる人が多いです。

 

そんな人たちにメッセージを出しておけば、売りに来てもらえます。

 

 

 

 

1週間以内なら購入価格の50%で引き取ってくれる条件もいいですね。

 

これに間に合わそうと、必死でゲーム攻略にとりかかるでしょう。

 

売りに来てくれたら、違うゲームを再購入してくれる可能性が高いです。

 

 

 

商品の回転率を高めて、売上と利益を最大化させる良い工夫です。

 

中古車市場も、もっと流通させる知恵が必要でしょう。

 

新車登録が減ると、流通量に大きく影響を受けてしまう構造的問題もあります。

 

 

 

 

限られた量しかないのであれば、回転率を高めることに集中すべきです。

 

また、中古車に付加価値をつけることも必要です。

 

「素人のお前が言うな!」と怒られるかもしれません。

 

しかし、閉塞状態の日本経済を活性化させるためには、業界を問わずさまざまな”しかけ”をしていかなければなりません。

 

”正解”はわからないのですから、とにかく試してみる。

 

そんな心構えが大事でしょう。

 

 

 

リサイクル店の張り紙も、手書きなら10分もあればできます。

 

難しく考える前にまず行動。

 

成果がでなければ、次の方法を試してみる。

 

 

 

 

こうやって成功確率は高まっていくのです。

 

 

人気らしいゲーム

タグ

2012年1月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クルマ雑記

このページの先頭へ